「IN-child」とは

「IN-child」とは

「真弓先生に聞いちゃお!」のお時間です!

パーソナリティーは保育士の「真弓先生」!

フリーランスの保育士として活動している真弓先生に、
「発育」「療育」「発達障害」などの色々なお話しをしてもらいます。

この番組の配信スケジュールは
毎月2回目と4回目の木曜日の16時です。


今回のおしゃべりは

「IN-child」とは
 >「Inclusive Needs Child(包括的な教育を必要とする子ども)」という意味で、診断などで決めつけずに支援や教育をしていくという取り組みのこと。
 >「インクルーシブ教育」とは、「障害の有る無しに関わらず、誰もが望めば合理的な配慮の元、地域の普通学級で学ぶことができる」というもの。

日本ではまだなじみが薄い「インクルーシブ教育」
 >日本では「能力を最大限に発揮させること」「能力によって分ける教育システム」
 >海外では「分ける」ということはせず、一つの学級の中にいろいろな子どもがいて、そこで「インクルーシブ(包括的)」に授業をしていく。

真弓先生がオーストラリアで感じたこと
 >日本と海外では、「自立への考え方」や「文化的な考え方」の違いがある。
 >先生自体の考え方がすでに違っている。
 >日本は学校ごとに対応の仕方が変わったりする。

学校は、親が希望すれば普通学級に入れなければならない


などなど、
ぜひ聴いてみてくださいね〜!


リスナーの皆様からのお便りも、ぜひお待ちしています!
下記アドレスにて、どしどしお送りくださいませ!

お待ちしていま〜す!
◎迷惑メール等の防止のため、アドレスの先頭に『000-』を入れてあります。
◎お手数ですが、コピーアンドペーストで貼り付けた後、
◎先頭の『000-』を消してください。

「真弓先生に聞いちゃお!」宛 アドレス
「 000-kiku@reddishwave.jp 」